2016年上半期に買ってよかったもの

公開日: :

8位 ROCCAT Apuri

マウスバンジーのROCCAT Apuriを購入しました。PCゲームをやっているとゲーミングマウスが机の奥に引きづられていってしまうという現象から開放されます。

ただ難点が一個あって、USBハブの機能が付いているのですが、それが常時付いてしまうという難点があります。PCを切っても青色のLEDで発光し続けるので基本的にUSB端子を外して使用しています。

7位 EOS kiss x7

安くてコスパの良いデジタル一眼レフカメラです。スマホでも高画質で撮影出来る時代とは言え、さらに高画質な画像を撮ろうとすると必要になってくるアイテムです。通常の生活では子供が生まれて運動会などで父親がカメラにはまるという一連の流れがあると思うのですが、僕はブログに写真をアップする時の画質向上の為に購入しました。

5万円前後で購入出来るという安さと写真のアシスタントをしている知人にCanonがおすすめと言われたので即Canonに決めました。一眼のカメラの場合は一度メーカーを決めたらコロコロ買えない方がレンズが資産として残ると聞いたのでこれからはCanonでいこうと心に誓いました。

6位 Amulech AL-9628D

IMG_1720_R

PCゲームのサウンド向上の為にPCオーディオの本等を読み、USB DACやハイレゾなどを調べていった結果、USB DACの価格の高さにビビリ、1万5千円程度で販売されており、Amazon等のレビューでもかなり好評化だったので購入しました。

サウンドに関しては難しいので正直さっぱりではあるのですが、ホワイトノイズは激減しました。ボリュームを最大音量に上げるとサーというノイズが聞こえると思うのですが、それがかなり改善されたのは確認できました。

音質に関しては正直良く分からないので、やっぱり10万円前後のUSB DACもいつか欲しいなあと思っております。AL-9628Dでもfoobar2000のASIOで聞くとitunesで今まで聞いていた音源も更に音質の改善が見られました。

5位 E700M

IMG_1710_R

価格.comで1位だったので後述するカルボテノーレでイヤホンの世界にはまってしまったので購入しました。個人的には音質的はカルボ テノーレの方が好みですが、装着感は非常に良好で、ずっと装着していても疲れないです。

白と銅のケーブルが交互になっているのがオシャレで、ハウジングの部分もアルミで高級感があってステキです。

4位 ZERO AUDIO カルボ テノーレ

IMG_1709_R

イヤホンを購入しようと適当に1000円程度の商品でもよかったのですが、3000円のイヤホンの世界を覗きたくて購入しました。コレが大当たりで、個人的にはビックりしました。メチャクチャいい音で、それから前述のE700M、AL-9628D、ヘッドホンのオーテクのAD500Xも購入したのはカルボ テノーレで音に目覚めてしまったというのが大きいです。

今後も効果なオーディオ製品の沼にハマりそうで怖いですが、このカルボ テノーレは価格のコスパが非常に高いと思います。3000円くらいのイヤホン探している方はおすすめです。

3位 iPad pro9.7インチ&ApplePencil

IMG_1219_R

ipadとApplePencilについては以下でレビューを書いています。買ってから3ヶ月程度使用していますが、使わない日は無いです。ペンも合わせて10万円近い出費ですが、サクサクで何をしても快適なのでかなり満足しています。ペンは無くてもいいけど使う人には捗るという感じです。

ipadは動画配信サービスでの動画視聴、インターネットでの検索、ゲーム系のアプリでもサックサク、何でもござれです。自宅で使うならPCをほとんど起動しなくても十分な位使えます。

9.7インチ ipad proのレビュー
アップルペンシルは絵を書かない人でも実用的に十分使える

2位 Huawei P9lite&OCNモバイル

IMG_1708_R

最近話題になっている格安SIMを導入しました。端末はAmazonでP9liteという機種を購入して、Amazonで売られているOcnのSimを購入し、送られてきたSimに記載されているURLにアクセスして個人情報を登録してクレジットカードの登録をしただけです。

最初はちょっと不安でしたが結論からいうと超簡単でした。開通の時間がかかるのかなと危惧していましたが、結果的にはすぐにNTT DOCOMOという表示が出て、すぐに外で使う事が可能でした。

月額料金も1000円程度で運用可能なのでキャリアのスマホを使っている方は検討してみてもいいと思います。個人的にはやっぱり完全には信じれないので何かあった時の保険としてキャリアのガラケーも持っているので二台持ちです。

なので格安SIMではSMS付きのデータ専用のを購入しました。SMS無しでも問題ないと思いますが何かあった時に月100円程度で足を引っ張られたくないという考え方です。これでいざという時はガラケーで電話も出来るので何とかなりそうですし、普段は月1000円程度で外でも3GB、キャンペーンで4GB使うことが可能です。

今時LINEもありますし、通話なんて家族くらいしかしないのでアラサーの自分にはこれで十分です。仕事がら取引先と電話をしなくてはいけない人とかでもスマホとガラケーの二台持ちさえ面倒くさくない人はこれがおすすめですね。

ガラケー料金は月2,000円程度(ガラケーはかけ放題)、スマホは月1,000円程度、2台持ちでも月3,000円程度で運用可能です。

ガラケー必要なかったらOCNの通話プランにすれば更に半額程度で運用可能という事でキャリアから格安SIMに人が流れるのも納得ですね。

スマホによってSIMの形状が違うので購入するスマホとSIMのサイズがあっているかどうかというのは要注意です。P9liteにはナノSIMでした。

1位 オーバーウォッチ

スクリーンショット_062416_083409_PM_R

ゲームブログなのにほとんど今までゲームの事に触れていないという事実ですが、やっぱり最後はゲームです。今年はずっとオーバーウォッチやりそうです。マジで今年1位の神ゲーなんじゃないかという位中毒性があります。FPSが好きじゃないという人にも是非一回プレイしてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。