ソニーが8年ぶりに家庭用ゲーム機の世界販売台数トップになる

公開日: :

スクリーンショット_052114_023031_PM

ソース:ソニー、ゲーム機世界販売首位 家庭用8年ぶり 14年3月期、任天堂を逆転

SCEが、2014年3月期の家庭用ゲーム機世界販売台数で8年ぶりに首位に立つ。

SCEの14年4月期の世界販売台数は1870万台、任天堂は1631万台。マイクロソフトは1160万台。

ソニー

ソニーさんはPS4が好調なようですね。今回のPS4は値段もそんなに高くなかったし、コスパが一番よかったのが功を奏したのですかね。というか日本より世界をターゲットにした結果もあるのかも知れません。

PS4持っている人なら分かると思うのですがPSNとかは北米アカウントの方が充実しているので日本アカウントが凄くしょぼく感じています。

あとPS4はコントローラーの握り心地が抜群にいいのもCS機ならではの要素だと思うのでココもGood!あとシェア機能も手軽にSNSと連携出来るのも今時っぽくて売れたのではないでしょうか。

FF15が出たら間違いなく国内でも爆発すると思うのでそれまで何とかこのまま行って欲しいなとは思いますが・・・。

任天堂

任天堂さんは平成26年3期の営業成績を見るに苦戦しているのかなあという印象。H25年と比べて売上高、営業利益、営業利益率が下がっていますね。やはりスマホ系の台頭で厳しいのは厳しいのだと思いますが、先日発売されたマリオカート8が果たしてどれ位牽引出来るかという事にかかってくるのかなとも思います。

でもこのコラボは誰得なんだろうって思います。

マイクロソフト

マイクロソフトはビル・ゲイツがいるからノー問題でしょ。とか言いながら当の本人はゲーム部門を売りたがっているとかなんとかって記事を最近ネットで見ました。まあそんな事にはならないと思うので大丈夫だとは思いますが。

まとめ

とりあえずゲーム産業自体を盛り上げていって欲しいですね。あと早くFF15出して!(笑)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。