パズドラZ 100万本突破!パズドラ人気はいつまで続くのか?パズドラを超えるゲームは出るのか?

公開日: : 最終更新日:2014/06/21

スクリーンショット_122813_014611_PM

パズドラZが100万本突破しました。もうパズドラ無双です。

今回はそれを踏まえて大人気のパズルRPGパズル&ドラゴンズ(パズドラ)の好調は一体いつまで続くのか!?

そして、果たしてそれを打ち倒すバケモンゲームが今後出るのか?という事について考えてみようと思います。

最近流行りのスマホゲーム

※以下で登場するデータは全て2013年をトータルで集計したものです。

スクリーンショット_122813_111041_AM

最近流行りのアプリインストール型のゲームで売上がありそうなゲームとかをちらほら並べてみました。

■黒猫のウィズ:クイズRPG
■三国志パズル大戦:パズルRPG
■ブレイブフロンティア:王道RPG
■チェインクロニクル:チェインシナリオRPG
■ポコパン:一筆書きパズル

他にももちろんこういう類のゲームは相当数ありますね。

僕もそこそこプレイしてはいるものの、全く追い付きません(笑)

それだけ巨大市場であるので、勝ち残るのは中々大変なんだと思います。

上記の画像はGoogleトレンドでのグラフです。

※この数値がイコールで売上があるとかではないです。あくまでもトレンドという事で。

黒猫のウィズが少しだけ抜きん出てるのかなーという感じで、他のゲームはかなり拮抗している感じですね。

そこにパズドラを加えてみました。

パズドラとの比較

スクリーンショット_122813_111421_AM

え?

分かります。もうね、比べる事すらおこがましいわ!と言われているようなものですね。

じゃあ、今流行りの艦隊これくしょんこと艦これと比べたらどうなんの?という訳で比べてみました。

スクリーンショット_122813_112340_AM

もうねここまで来ると、清々しいですね。

逆にパズドラに勝てるものなんてこの世にあるのか?とふと思いました。

もちろん超ビックキーワードなら勝てるだろうと色々試しましたが、なかなか納得のいく結果にならない。

そんな時にふと世界規模の大企業が頭に浮かんだので試してみました。

スクリーンショット_122813_112558_AM

はい。

さすがにGoogleには勝てなかったパズドラですが、そもそもゲームじゃないので比べる事自体間違っていますね(笑)

でも、パズドラがどれだけ人気なのかという点については分かってもらえたと思います。

パズドラ人気はこのまま?

ただ、いくらパズドラが人気だからといってもそれがこのまま永遠に続くとは限りません。

もしかしたらパズドラを超えるような超バケモンゲームが出てくる可能性もゼロではないので。

ただ1つ言えるのはコンシューマー機で出ている現状のゲームでは太刀打ちはできなさそうですね。

一昔前はFFやドラクエと言った超大作RPGが世間を席巻して社会現象になったりして、ゲームショップに長蛇の列が出来るみたいな感じでワイワイしていたのですが、ソーシャルゲームの台頭とiPhoneが日本でも発売してパズドラやアプリの台頭でコンシューマーゲームの売上が減少して、昔ながらのゲーマーとしてはちょっと肩身が狭いですね。

と言っても僕まだ20代なので、おっさんじゃないですよ?(笑)

ソーシャルでよく言われる課金というシステムが嫌だわーという理由でうんたらという話ではなくて、単純にパズドラ人気過ぎやしないか?という所が何か引っかかるんです。

パズドラよりもっと面白くてもっと売れて、もっと盛り上がるようなゲームが出てきて欲しいなあと。

スクリーンショット_122813_010850_PM

モンハンは今年4が2013年9月14日に発売されたので、発売直後は凄い勢いでパズドラに迫りましたが、ゆるやかな下降を辿っていく感じですね。

こういう観点からも安定的に流行の先端を行くのはアップデート&イベントが実施されるゲームという事になり、最近ではパワプロが課金したという事で注目を集めましたね。

ただ、パワプロの課金は賛否両論ありましたが、昨今のパワプロ事情を鑑みるとそれも仕方がないと思って僕は見守っています。

実際アップデートしたらちゃんとプレイしています(笑)

ただ、サクセスのシナリオ配信スピードが遅いのは勘弁して欲しい所。

じゃあ今年一年パズドラ無双だったのか?と言われたら実はそんな事もありません。

プレイステーションアワードでPlatinumに輝いたGTA5はパズドラを抜きました。

スクリーンショット_122813_012350_PM

パズドラを一瞬でも抜き去った功績はかなり偉大なんではないでしょうか。

というか偉大です。

神々しい。

震えます。

ただ、パズドラも黙ってはいません。

さらに加速して突き放しています。

まとめ

今年一年ゲームユーザー的にはパズドラの一年だったと言っても過言ではないデータですが、そこはあくまでトレンド。

ゲーム体験やゲームの面白さは人それぞれなのでイコールで面白い!神ゲー!とはなり得ないんですが、今年のゲームトレンドはパズドラという事は以上のデータで分かったとして、タイトルにある人気はいつまで続くのか?という点については僕が思うにやっぱりパズドラよりも面白くて、売れて、盛り上がるゲームが出たら陰りが出ると思います。

栄枯盛衰なんて言葉があるように、繁栄がいつまでも続くことはなく、いずれは衰える。これは真理だと思います。

ただ、当面はこの人気は続くと思いますし、もしかしたらこのままポケモンのようなスタンスのバケモンゲームとして君臨するかもしれませんね。

2014年はソーシャルでもコンシューマー機でも携帯機でもアプリでも何でもいいのでパズドラを超えるゲームが出る事を僕は祈っています。

その時はまたGoogleと比較してまだまだ上がいるぞという事を知らしめたいと思います。(誰得)

では、また!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。