朝どうしても起きられなかった僕が起きられるようになったたった1つの事。

公開日: : 最終更新日:2014/12/26

Asleep at the Wheel

朝起きられないどころじゃなかった僕の生活リズム

今思えば学生時代からなのかもしれませんが、とにかく生活リズムに規則性がありませんでした。

面白いゲームが発売された日は友達と徹夜したり、友達の家にテスト前に泊まりにいって遊んだり(笑)

さすがに社会人になってそんな事はしなくなったんですが、社会人になるとストレスが溜まるようになって飲み会やらで生活リズムを崩す事もしばしば。

そして仕事でミスをしてしまった時は神経が高ぶってしまうのか、なかなか寝付けない事もありました。

それから転職した時に決定打となったのが夜勤勤務で完全に夜型の生活になった事。

それからはずっと夜型から抜けだせませんでした。そんな僕が規則正しい生活リズムに戻せたたった1つの事も書いていきたいと思います。

具体的な生活リズム改善方法

とにかく寝る時間と起きる時間を決める

僕が沢山の方法を試した中で直接的に結局成功したのはこれです。

これは個人差があると思うので、一概には言えないのであくまで、僕が成功した事例を紹介します。後述で他の方法も紹介します。

なぜ寝る時間と起きる時間を決めたら起きられるようになったのか

47:365 - The rhythm of the road

僕が思うに人間の体は様々な環境に適応出来るのだから夜寝たら朝起きるのも適応出来るに決まっていると思うのです。

僕はそもそもそこを履き違えていたんだと思います。

朝起きられないのをあれこれ考えるんじゃなくて、夜寝れないのをあれこれ考えるべきだったようで、その解決法が決まった時間に絶対に寝るというのを守る事。

決まった時間に起きるのはしんどいです。僕は労働時間が17時間ほどの仕事をしていました。なので睡眠時間は取れても3~4時間程でした。

車で寝泊まりが普通で徹夜も当たり前でした。それでもきっちり寝坊しないで出社出来たのは人間が持つ適応能力みたいなもののお陰なのかなと(笑)

ずっとその環境にいると意図しないでも環境に適応するのが人間の凄い所だと思うので、一回そのルートにハマれば逆に抜け出すのが大変になるくらい朝方生活になると思います。

睡眠時間は人それぞれで、良い睡眠とか悪い睡眠とか色々ありますが、結局自分で起きた時が良い睡眠なような気がするので僕はアラームはしません。

どうしても起きないといけない用事がある場合は別ですが。

そのかわり夜寝る時間はどんなに夜更かししたくなっても守ります。たったこれだけの事で僕は朝方生活になれました。

具体的な方法としては、一日徹夜して夜型から朝方に生活リズムを戻しました。一週間くらいはしんどかったですが、前述の通り一回そのルートにハマればその通りの生活リズムになりました。

例えば出社が9時で20時帰宅の方なら11時には必ず寝るとして、朝起きるのは6時か7時なら出社に間に合うと思うのでそういう生活リズムを作れば勝手に起きると思います。

とにかく夜更かしをしない。したかったら朝起きてするくらいの勢いでとにかく寝る。これが一番大事な事だと思います。

当たり前ですが、僕はそういうのが出来なかったので、そこを徹底して一貫したらアホみたいに生活リズムが改善されました。

その他の改善方法

太陽の光を浴びる

実際朝起きたら太陽の光を浴びたらスッキリしたような気がするので、僕は朝起きたら窓を全開にして、愛犬と散歩したりします。

でもこれだけで直接すぐに起きられるかと言われたらかなり微妙です、こういうのは常に毎日続けないと意味がないと思うので、出来る方はやって、出来ない方はしょうがないと思います。

出来ない方はこういうのを利用するのも手です。

光目覚ましOKIRO(オキロー)光で起きてスッキリ目覚め!メディア70媒体で紹介

光目覚ましOKIRO(オキロー)光で起きてスッキリ目覚め!メディア70媒体で紹介

LEDライトで照らす明るさが最大13000ルクス。晴れの日でも10000ルクスほどらしいので、太陽光で起こしてくれる目覚ましです。

夜寝る前に食べない

これも自然とやっている事なんですが、基本的には食べないようにしています。

これはダイエット的な意味合いの方が強いのかもしれませんが、一石二鳥なのではないでしょうか。

ですが、これも僕の経験上お腹が空きすぎて寝れなかった事もないですし、お腹が一杯で寝れなかったというのもありません。これも太陽光と一緒である意味加速装置みたいなものだと個人的には思います。

0から100には出来ないけど80から100には出来る。そんな感じかなと。

どんな状況であれ眠かったら勝手に寝ちゃうので。

睡眠環境

これも大事だと思います。僕はエアコンを一切使わない派だったのですが、最近は使わないと熱中症やらでヤバそうなので常時使うようになりました。

ちなみに寝る前はドライに設定して寝ています。

まとめ

・起きる時間より前もって起きるような生活習慣を心がける。

・一回その生活リズムになったら絶対に崩さない

・そうすると体が馴染んで決まった時間に眠くなり、決まった時間に起きる

・睡眠環境を色々改善したり工夫も大事だけど、結局は決まった時間に寝て起きる事で自信が付いて精神的に安定する。

・寝れないことにイライラしない

・寝れない時はしょうがない

・諦めて徹夜して生活リズムを改善するか、10分でも20分でもいいので少しでも寝て生活リズムを改善する

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。