【三国志パズル大戦】後で後悔しない為にランク60までにやるべき事

公開日: : 最終更新日:2014/10/06

どうもこんにちは、ダークソウル2が待ちきれない@Hiro_ntです。

今回は、【三国志パズル大戦】後で後悔しない為にランク30までにやるべき事の続きに当たる、ランク60バージョンを書いていこうと思います。

そろそろイベントやった方がいいと思う訳で・・・

ランク30の記事で

イベントは無視だー!クエストをガンガン進めろー!

みたいな記事を書いたのですが、さすがにここまで来たら嫌でも武将が育っていると思うので、そろそろイベントに参入してもいい頃かなと思います。

目安としては、ノーマルを全部クリアしてアドバンスモードに突入したくらいから始めるのがいいのかなと思います。

イベントを進める際に注意する点は主に2つ。

1、無理をしない

koumei

これはもう鉄板です。

無理をしても勝てるものではないので、自分の身の丈にあった難易度を選択しましょう!

勝てないと直感で感じ取ったのなら、素直に武将強化&お金集めに奔走した方が近道です。

属性を見極める

スクリーンショット_113013_042546_PM

準備せずに無用意に挑んで、負けたー!となって意気消沈してしまう事は無意味なのでやめましょう。

ここまで来たら相手の弱点勢力で単色で染めるか、必殺技発動するPTを組むか、古典PTは通用するのか、などなどの工夫が必要になってきます。

もちろんそういう面倒な事をしたくないのであれば課金という選択肢もあると思います。

ただ、僕は全力で無課金ユーザーを応援しているので、というかじゃないと攻略にならない(笑)

課金した方がいいよ(ヒソヒソ)で終わってしまいますからね(笑)

勢力の優劣関係があるのは承知の事実だと思いますが、有利な勢力だと2倍のボーナスが入ります。

逆に言うと不利な勢力で攻撃すると攻撃力は半減してしまいます。

これを踏まえて、とりあえずランク60までに役立つのは群PTかなと思います。

群2倍PTというのが強いよーという話はネットから仕入れていましたが、作ってみるとまさかこんなに強いとはと驚きました。

群なら董卓、呂姫、董白、袁術あたりが2倍、もしくは2.2倍なので、リーダー(大将)とフレンド(助っ人)に設定しておけば後は持っている群武将で強い順に一色で染めれば、とりあえず完成するので作成難易度的にはそこまで高くないのでオススメ。

群武将揃ってねーよ!!という方にオススメしたいのが

高順

koujyun

最大 HP:364 攻撃:1390 回復:114

HPが低いのがネックですが、☆4で攻撃1390はなかなかのコストパフォーマンス。

ドロップもしやすいので、限界突破も楽勝です。

【三国志パズル大戦】通常クエストでドロップするレア武将まとめにまとめたので、群武将を集めて攻略すると一気にやりやすいと思います。

何で群押しなの?魏、呉、蜀、漢はダメなの?

ぶっちゃけ今のイベントは群属性が有利なのが多いので必然的にそうなっているだけであって、これからどうなっていくのかは分かりませんが、とりあえずイベントに合わせてパーティー作れたら一番最高なんだけど、現実それはかなり厳しい。

箱のストックとか、武将強化とか、なのでとりあえず群パーティー作って攻略しやすい環境を構築しつつ、余裕が出てきたらもう一色パーティー作るという方向性に持っていくのが無難なような気がします。

僕は呉パーティーと漢パーティーを作ったのだけれども、超微妙な感じになっていますのでかなり後悔してます(笑)

ちくしょう・・・。(うるうる)

周瑜が微妙なんだー。

髭に居場所取られて空気感が凄いんだよ(あちゃちゃー)

とまあ、僕みたいになってからだとちょっとどうしようもない。

なので、迷ったら群パーティーを推奨しておきます。実際強いですし。おすし。

張遼上級とかもこんな感じでちょろっと取れますので群パさまさまなんです。

呉パーティーではたまに負けますからね、あんなに育てたのに勢力とか気にしなかった脳筋なおれorz(ちくしょう・・・)

まとめ

とりあえず分からなかったら群パーティー作成に励む。

自分なりに工夫して勝てるようだったら、そっちに方向で伸ばしてとにかくレベルマック(レベルマックス)目指す。

ランク60まで来ると敵はかなり強くなってくるので、武将の強化がより一層大事になってきます。

後で後悔しないように、しっかりと計画を立てておきましょう!では!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。