三国志パズル大戦 効率よくレベル上げをする3つの方法

公開日: : 最終更新日:2013/11/15

スクリーンショット_111213_080429_PM

武将の強化について

クエストを進めて行く上で武将のレベル上げは必須です。

ですが、そもそも強い武将がいないと意味がないので、いい武将がいないという方は【三国志パズル大戦】リセマラおすすめ武将でリセマラでオススメな武将を紹介していますので、リセマラしたいと思う方は読んでみて下さい。

強い武将がいて効率よく強化したい方は、この3つのポイントを抑えて☆6レベル99を目指しましょう!

強化専用武将出現クエストでレベル上げ

最もポピュラーで、最も効率がいい方法です。ですが、時限クエストなので一日で特定の時間でしか出現しません。

☆5于吉5人なら獲得経験値が30万になります。

2013-11-12_09.56.11_111213_065856_PM

強化専用武将出現クエストは、画面下部にあるメニュー「その他」→「お知らせ」で調べる事が出来ます。

2013-11-12_07.19.51_111213_060207_PM

アップデートからこのグループ分けが行われるようになりました。

なので、自分がどのグループに所属しているかを確認する必要があります。

プッシュ通知

2013-11-12_07.20.25_111213_060819_PM
おそらく何もしなくても設定が行われているとは思いますが、もし設定が行われていない場合は設定しておきましょう。

自動で時間になるとお知らせしてくれます。

画面下部にあるメニュー「その他」→「オプション」で変更する事が出来ます。

ですが、僕の場合はこれでも忘れてしまったり、他のゲームでもプッシュ通知があるので分からなくなってしまうので目覚ましアプリやスケジュール機能があるアプリなどで朝確認したら設定しています

仕事中や学生なら授業中はプレイ出来ないと思いますが、夜などは意外と忘れてしまう事が多いので、夜だけでも設定しておくと忘れる事は少ないと思います。

同じ勢力で合成を行う

スクリーンショット_111213_080835_PM

ベースと素材となる勢力が同じだと、1.5倍のボーナスが付きます。

なので合成する時は出来るだけ同じ勢力で合成する事を念頭に置いて合成しましょう。

☆2武将に☆1武将を合成するレベル上げ

《ベース》☆2で、《素材》×2、3☆1で合成するという方法です。

なんでこんな事をすると、合成時に武将のレベルが高い程経験値が増えるからです。

kyouka_111213_045016_PM

☆2孫策レベル4と☆1孫軍弓兵レベル4と☆2劉表レベル4を例に見ていきます。

まず孫策は獲得経験値が332となっています。孫軍弓兵は484。劉表は616。

※ちなみに合成元となるのは劉備なのでこの場合勢力は関係ありません。

ここで、あれ?☆2なのに孫策の方が獲得経験値が低いと思った方もいると思いますが、戦力は孫策の方が上で、☆2の中で孫策が著しく低いという事はないです。

☆2高順なんかは戦力2ですが、獲得経験値594だったので戦力うんぬんは関係ないと思います。単純に武将固有のものだと思われます。

ですが孫策は稀な例で、劉表を見てもらえば分かると思いますが、☆2の方が相対的に獲得経験値が多いので、合成する際は獲得経験値が多く、同じ勢力で☆2の武将を選択するのがいいという事になります。

必要資金が少なくなる

この合成方法は、必要資金が少なるというメリットもあります。

上の画像ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、必要資金が3000となっています。

これは武将のレベルや覚醒状態によってどんどん必要資金が増えていきます。

例えば、☆1の武将を5人合成したら単純に必要資金が15000になります。

☆2の武将に☆1の武将を合成するこの方法なら必要資金が少なくすむという訳です。

まとめ
  • 強化専用武将出現クエストを計画的に狙ってレベル上げ
  • 同じ勢力でレベルを上げると1.5倍ボーナス
  • ☆2武将に☆1武将を2、3枚合成してレベル上げ

という事になります。一番は当然于吉を狙うのが一番ですが、クエストで得たカードも無駄にしないで、同じ勢力で合成して効率化を図りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

Comment

  1. Johnette より:

    I’m out of league here. Too much brain power on dispaly!

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。