【ダイイングライト】PC版かPS4版どっち買うか迷った人へ

公開日: :

スクリーンショット_040915_053116_PM_R

オープンワールドで昼夜の概念があるゾンビでバーンな世界観が話題のゾンビゲーのダイイングライトの日本語版が2015年4月16日にZ指定で発売です。

PC版の推奨環境

まず気になるのがPC版の推奨環境。

最小環境

  • OS: Windows® 7 64-bit / Windows® 8 64-bit / Windows® 8.1 64-bit
  • Processor:Intel® Core™ i5-2500 @3.3 GHz / AMD FX-8320 @3.5 GHz
  • Memory: 4 GB RAM DDR3
  • Hard Drive: 40 GB free space
  • Graphics:NVIDIA® GeForce® GTX 560 / AMD Radeon™ HD 6870 (1GB VRAM)
  • DirectX®: Version 11
  • Sound: DirectX® compatible

推奨環境

  • OS: Windows® 7 64-bit / Windows® 8 64-bit / Windows® 8.1 64-bit
  • Processor: Intel® Core™ i5-4670K @3.4 GHz / AMD FX-8350 @4.0 GHz
  • Memory: 8 GB RAM DDR3
  • Hard Drive: 40 GB free space
  • Graphics: NVIDIA® GeForce® GTX 780 / AMD Radeon™ R9 290 (2GB VRAM)
  • DirectX®: Version 11
  • Sound: DirectX® compatible

(Dying LightのSteamページより)

PC版がおすすめな人は?

という事から考えて今グラボがGTX780以上をお使いの人はPC版を買った方が幸せになれるかと思います。

というのもPC版だとMODが使えるのと、公式でMOD開発ツールを準備中との事なのでMODに対しては結構期待してOKな感じです。

スカイリムでおなじみのNexusmodでもDyingLiteのMODが既に100個発見出来ました。「Dying Lite mod」で検索すると出てくるかと思います。

ゾンビでバーンな世界観なのでMOD導入で更に面白くなるんじゃないかなと思います。

購入はSteamで購入出来ます。

PS4版がおすすめな人は

GTX780を今買う人は少ないと思うのでちょっと性能がちょっと上のGTX970を買うとすると、安いので4万円ちょっと位ですね。

PS4買えてしまう値段なので、MODが充実してきて、もしまだやりたかったらPC版を買うという選択肢もありなので、とりあえずPS4版を購入するというのもありですね。

そもそもMOD導入しないやという人はPS4でいいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新をチェック

follow us in feedly

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。